カートの中を見る お電話でのご注文・お問い合わせ 受付時間:平日9時〜20時 tel:0268-25-9422
あなたの生活から洗剤をなくす画期的な水・・・創生水
創生ワールドTOP > 創生水生成器のメカニズム
創生水生成器のメカニズム

 創生水の生成器は、自然を科学することで生まれました。
世界には素晴らしい水が存在します。まさに自然の恩恵です。
創生水の生成器は、その自然が、素晴らしい水を生み出すメカニズムを凝縮して作られました。
外観は機械そのものですが、内部は自然を再現したものだとご理解ください。

創生水生成危器

器械の詳しい資料の送付をご希望の方は、こちらをクリックしてください。

pagetop
ステップ1 イオン交換樹脂(森と海の再現)水を超軟水に変える
創生水生成器

 水道水を創生水に生成するステップ1は、硬水を軟水に変えることです。
そのために、軟水器を使用しています。
軟水器には、硬水を軟水に変えるためのイオン交換樹脂が入っています。

 イオン交換樹脂の働きは、森林・草木のはたらきに例えることができます。 地面にふりそそいだ雨は、その瞬間に土中のミネラル分を電気的に吸着して硬水になりますが、根っこからそれらを吸い上げ、葉面から蒸気発散するときには軟水にしています。
ですから、空気中の水蒸気は軟水であり、私たち人間は、産声を上げた瞬間から今日まで、一瞬も欠かすことなく、呼吸によってこの軟水状態の水を体内に取り入れています。
雨や雪も軟水です。
除湿機にたまった水も、エアコンの室外機からしたたり落ちる水も、軟水です。そしてこれらの水は、油との乳化作用(油と水が混ざり合う)を起こします。 これが洗浄力に関係しています。

創生水生成器

 イオン交換樹脂で軟水にすることを続けていると、ある時点で軟水をつくる能力が無くなります。 この時に、塩水を使って洗浄を行なうことで、元の能力に蘇ります。 (器械を購入された方には、再生用の塩(再製塩)を販売しています) 創生水生成器では、原水の硬度と使用した軟水の量をマイコンが管理し、この工程を全自動で行ないます。

pagetop
ステップ2 黒曜石(滝・川の再現)水を還元させ、活性水素を生み出す。
活性水素を生み出す

 水道水を創生水に生成するステップ2は、酸化していた水道水を還元した水に変えることです。
そのために、黒曜石を使用します。 黒曜石は、水と反応する珍しい石で、水を還元させる働きがあります。

 また、水道圧も利用し、さらに還元力を高めています。
水道の水圧は一般家庭で3〜5気圧あります。
1気圧は10メートルの落差に相当し、黒曜石の筒の中では30〜50メートルの落差の滝と同じような環境が作られます。
川も、石に水が激しくぶつかることのよる還元作用で、水が浄化されています。
マイナス電荷を帯びた黒曜石に、勢いよく水分子がぶつかることで、水は細かくなると同時に元気(エネルギーの高い状態)になります。
還元させる働きのある黒曜石に、水道圧を使って黒曜石に摩擦させることにより、より還元した水にすることができるのです。

 また、細かく元気になった水分子が塩素などを包み込み、カルキ臭などもなくなります。
塩素を取り除かないのにカルキ臭が消えるのは、このためです。



黒曜石

 黒曜石の働きはそれだけにとどまらず、このとき、活性水素を発生させることがわかっています。
北海道の摩周湖の水、長野県の和田峠の水、富士山麓の伏流水、いずれも名水と呼ばれていますが、それぞれの地域に黒曜石の産出される鉱脈があることは、案外知られていません。

pagetop
ステップ3 アルミカールとトルマリン(竜巻と太陽の再現)波動を高め、
洗浄力を高める。
アルミカールとトルマリン

 水道水を創生水に生成するステップ3は、水に洗浄力を与えます。 還元水となった水は、この工程で界面活性力を付け創生水となるのです。
洗浄力を持たせるために、トルマリンとアルミカールを使用します。
創生水の装置にアルミニウムを素材として使っているのは、アルミニウムの電波を反射する特性を活用するためです。
アルミニウムときくと「アルツハイマーは大丈夫なの?」といわれますが、私たちが日常食している野菜等に含まれているアルミニウム量は、鍋やヤカン等の調理器具から溶け出すアルミニウムの数百〜数千倍もあるのです。

 一方、トルマリンは遠赤外線と呼ばれる4〜14ミクロンの波長の電磁波を放っており、これは育成光線と呼ばれて細胞の生理活性を高める働きがあり ます。水に対してこの波動が働くと水の分子構造が細かくなり、このときに有害物質や化学物質を切り放し、有害金属類等を電着除去します。

アルミカール・トルマリン

 そして同時に、界面活性作用を生成します。
この遠赤外線は、太陽光線の中に含まれており、自然界の中でさまざまな働きを行なっています。装置の中で使われているトルマリンは、一度微粉末にして粘土、ケイ素、アルミナ等と混ぜ合わされ800〜1100℃で焼結されたものです。

 筒の中では、これらのトルマリンと前記のアルミカールが勢いよく攪拌され、微弱電気エネルギーを発生して、水の波動を高め、創生水として流れ出てきます。


シリカのつき方

 また、水道水に含まれるシリカを結晶化し水から取り除きます。
日本は、ヨーロッパと比べると、約5倍の量のシリカが含まれていますが、あまり注目されていません。
このシリカ(ケイ素)が多いことは、身体にとって好ましい事ではないと、アメリカの生物化学者ケアリー・リームズ博士は訴えています。
設置者の方は、年に一度のメンテナンスの時に、シリカの結晶をご覧になることができます。
上の写真は、設置当初の状態です。
シリカのつき方は、地域によって差がありますが、写真は水道水にシリカが多く含まれる地域のものです。
いろいろな浄水機が販売されておりますが、シリカを除去できるのは創生水の生成器だけではないでしょうか。これも創生水がとても清らかで、美味しいお水である要素の1つです。

 以上が、創生水が作られるまでの工程です。
この3ステップを行うことで、水道水(地下水)が創生水へと生まれ変わるのです。

pagetop
創生水の特許の一覧

創生水および創生水生成器は多くの世界特許を取得しています。

特許の一部
pagetop
認定書

創生水及びに創生水生成器の開発を評価され、認定を受けたものをご紹介します。

認定書

特許とは異なりますが、創生水生成器は生活習慣病予防学術委員会からその能力を認められ、健康用品としての認証を与えられました。