MENU

生成器

創生水はどの様にして作られているのか

創生水生成器M21-G

創生水はどのようにして作られるのか。簡単ではありますが、まずはその説明をさせてください。創生水は、3つの工程を経て作られます。

第1工程 軟水化

軟水器のヘッド
軟水器に入っているイオン交換樹脂

軟水器により余分なミネラル分を除去し、軟水に変えます。軟水にする目的は、汚れの吸着力を高め、洗浄能力を高めるためです。軟水は、身体への吸収が良いことから、老廃物の排出を促進し、美容効果も高いとされています。日本は世界的に見ても軟水の地であるため、日本人にはなじみやすい水です。日本食も軟水がベースになっており、温泉水も軟水のものが多いです。創生水のお風呂が湯冷めしないのも軟水による効果です。

第2工程 還元・活性水素

黒曜石を入れている筒
黒曜石

鉱物「黒曜石」の働きにより、還元力を高めて活性水素を含ませます。還元力を高める目的は、酸化物(汚れ)を付着しやすくし洗浄力を高めるためです。還元力が高まれば、健康増進にも寄与します。活性水素は老化や病気の素である活性酸素を中和する働きがあります。第2工程は、特に身体(健康)に大きく寄与する部分になります。

第3工程 H₃O₂⁻化

トルマリンとアルミを入れている筒
トルマリンとアルミ

電気石「トルマリン」と鉱物「アルミ」の働きにより、水の分子構造を変え (H₃O₂⁻) 、クラスターも小さくします。これらをする目的は、汚れへの浸透率を高め、洗浄力を高めるためです。加えて、不安定な活性水素を安定させて水に留める働きもあるため、活性水素を多量に含ませるための重要な工程になります。

全工程に通じること

1から3までの工程に共通しているのは、洗浄力を高めるためにあるということです。創生水は元々、洗剤をなくして水環境を改善するために開発された水です。身体に良い水を作るという発想ではありませんでした。ところが、書籍『最新ミネラルウォーターの完全ガイドブック』(著者 松下 和弘)では、5つ星という最高評価されるなど、思わぬ力が水に宿っていました。

名水と評される水と同レベルの水が、生成器を取り付けるだけで家中に流れるようになるのです。もし、温泉水を掘り起こすとなると数千万円の出費になりますが、創生水生成器を取り付けるだけで同等以上の水が手に入るのです。

創生水は、商標登録及び世界と居を取得しています。